お香について

香りは大脳辺縁系、視床下部、脳下垂体などへ直接影響を与えます。
これらの場所は感情や記憶、自律神経系、内分泌系に関与しています。
心地よい香りを嗅ぐことで、自律神経系である交感神経と副交感神経のバランスを調整したり、内分泌系の乱れを整えたりします。
さらに免疫系にも良い影響を及ぼすことが知られています。

30年という年月を費やされて創作されたオリジナルのお香(インセンス)

Incense0001レゾナンスワークスで焚かれているお香は、私の師匠が30年の年月を費やして、自ら香料を調合し創作してきたものです。香料は少ないもので20種類、多いもので5〜60種類のものが調合されています。「香りの交響詩」と名付けられた一連の作品は、現在約80点の作品で構成されています。それぞれの作品タイトルはさまざまな事象〜人間や土地や風土や芸術(音楽・絵画・建築・小説等々)の個々のイメージをもとに、芸術的な香りとして表現されています。

「香りの交響詩」〜お香のタイトル 81種類

★モンゴルの香り(Mongol note)
01.テムジン
02.アルタイ草原
★中国の香り(Chinese note)
03.楊貴妃
04.後宮
05.長城
06.草原情歌
07.天山南路
★チベットの香り(Tibetan note)
08.シャングリ・ラ
09.ゴンパ
★インドの香り(Indian note)
10.ガンガー
11.タントラ香
12.吉祥天
13.婆羅門香
14.ケララ
15.ドゥルガー
16.デカン
17.弁財天
18.ヤムナー
★仏教の香り(Buddhist note)
19.愛染
20.雨安居
21.林棲香
22.観音香
23.補陀落
24.文殊香
25.維摩香
★ペルシャの香り(Persian note)
26.ペルシャの市場
27.ペルセポリスの思い出
★聖書の香り(Holy Bible note)
28.モーゼ
29.ソロモン
30.サムソンとデリラ
31.バビロンの夜
★アラビアの香り(Arabian note)
32.シェラザード
33.アラジン
34.シンドバッド
★エジプトの香り(Egyptian note)
35.クレオパトラ
36.ツタンカーメン
37.白ナイル
38.青ナイル
★ギリシャの香り(Greek note)
39.エーゲの海
40.ミロス
★ロシアの香り(Russian note)
41.白鳥の湖
42.ステンカ・ラージン
★東ヨーロッパの香り(East European note)
43.バルトーク・セブン
44.ハンガリアン・ラプソディー
★イタリアの香り(Italian note)
45.ロミオとジュリエット
46.ベネチアの歌
★スイスの香り(Swiss note)
47.アルプスの牧場
48.マッターホルン
★ドイツの香り(German note)
49.黒い森
50.エリーゼの恋
★北ヨーロッパの香り(North European note)
51.オフィリヤ
52.ペール・ギュント
53.ロンドンデリー・エア
★フランスの香り(French note)
54.リラの門
55.谷間のゆり
56.ジャスミンの花園
★スペインの香り(Spanish note)
57.カルメン
58.アルハンブラ
59.バレンシア・ガーデン
★北アメリカの香り(North American note)
60.ゴールデン・メープル
61.ロッキー・グリーン
62.ホワイト・ジャズ
63.ソルトレーク・ブルー
64.黄色のソンブレロ
★南アメリカの香り(South American note)
65.アンデスの森
66.チチカカ湖
67.ガウチョの草原
★日本の香り(Japanese note)
68.光源氏
69.玉かずら
70.すずむし
71.小野小町
72.木曽路
73.奥飛騨
74.南牧
★その他(Other note)
75.ポリネシアの風
76.森の露
77.空海〜①覚醒
78.空海〜②マントラ
79.空海〜③マンダラ
80.歌麿
81.ヨーガ